不動産活用

不動産を、どう活用すべきか。
一緒に考えます。

不動産は人生において代表的な資産の形の一つです。しかし、その活用方法によってはその後の資産価値や生み出す利益に大きな差がでてきます。この資産をどのように運用していくべきか、我々プロが最適な方法をご提案いたします。

節税対策について

不動産は保有しているだけでも様々な税金をはじめとする様々な維持費がかかります。しかし、有効に活用していくことで費用を抑えたり、固定資産税や相続税なども最小限に抑えることができます。

固定資産税の軽減

保有している土地などにかかる固定資産税は土地の評価額に対して標準税率が 1.4% と定められています。しかし、 アパートとして運用すると住宅 1 戸あたりにおける 200 m²以下の小規模住宅地の場合はその部分の税額が 6 分の1 に減額されます。このように工夫して運用することで固定資産税も最小限に抑えることが可能です。

相続税の軽減

賃貸住宅等として運用している土地は「貸家建付地」として扱われ、相続税の評価額が 15 ~ 24% 程度減額されます。土地をうまく運用していくことで現金や更地で相続を行うよりも有利な条件で相続をすることが可能になります。

長期的な収益化

土地は保有しているだけでは収益を生みません。有効に活用することで、長期的且つ安定的な収益を生むことが期待でき、資産を現金で運用するよりも遥かに有利な資産運用法と言えるでしょう。

テナント用物件として運用

店舗や事務所として貸し出しを行うことのメリットの一つに利回りが高いということがあります。住宅よりも坪あたりの賃料は高く設定することができ、内装等もテナントが負担するため運用コストを少なくすることができます。

トランクルームとして運用

トランクルームは近年需要が増加傾向にあり、有効な活用方法の一つです。住宅と違い、立地によって不利になる条件が少ないため、アパート等の運用が難しい土地でも運用可能です。

他にも様々な活用方法がございます。お気軽にご相談ください。