-Plan-

心地よい日差しと空間が広がる家

南道路に面しているにもかかわらず、南側に小さな窓しかないのは、もったいないと思うかもしれません。でも、これにはちゃんとした理由があります。 それは、家族が心地よく過ごせる空間作りにとことんこだわったから。そのために南側の窓をあえて小さくして、強い日差しや外からの視線をカット。柔らかい日差しと間仕切りの少ないツカズハナレズの距離感が絶妙な空間となっています。 オリジナルの造り付けソファでは、読書に没頭したり、外を眺めたりと、心地よい時間が過ごせます。また、思い切って広く取った玄関は、外出するときも、お客様をお迎えするときも、気持ちも空間もゆったり。2階の主寝室も12.5帖と、ご夫婦がゆったりと心地よく過ごせる贅沢な広さを確保。広さを生かして趣味のアトリエにするのもいいですね。 暮らしを豊かに愉しみたい、そんな大人のための家です。

販売価格

SOLD OUT

間取り

3LDK

タイプ

: 2階建て木造

敷地面積

: 104.58㎡

建物面積

: 91.06㎡

※ 施工上の理由及び改良のため変更する場合がございます。 物件の概要情報はコチラ

外の空間を暮らしに取りこむ家

内なのか外なのか?リビングなのかテラスなのか?どちらでもなくて、どちらでもあるという特徴を持つ空間が土間テラス。コンパクトな間取りなのに開放感を感じるのは、土間テラスがあるおかげ。 上手に外の空間を取りこむことで、実際の面積以上の広がりが生まれるだけでなく、楽しみ方も無限大に広がります。 土間テラスには屋根も壁もあるので、スキー板やサーフボードの手入れ、ロードバイクのセッティングや大工仕事なども、周囲を気にせず作業でき、道具を置いておくこともできるのでとっても便利。また、キッチンから直接テラスに出られるので、バーベキューの準備や片づけもラクラク。 アグレッシブに趣味を愉しみたい大人に相応しい家です。

販売価格

SOLD OUT

間取り

3LDK

タイプ

: 2階建て木造

敷地面積

: 106.37㎡

建物面積

: 78.49㎡

※ 施工上の理由及び改良のため変更する場合がございます。 物件の概要情報はコチラ

計算しつくされた光と空間の家

南側が空いているのに窓がないという、なんとも思いきったデザイン。暗くて閉鎖的な空間を思い浮かべるかもしれませんが、心配はご無用。中庭からの計算しつくされた光と空間の広がりに、きっと驚かれるはずです。 それぞれの部屋はコンパクトながらも、中庭を介してお互いの気配が感じられる、そんな安心感と包容力もこの家の魅力。 直射日光が差し込まない部屋では、大切なコレクションを飾ったり、絵を描いたり。また、外部に音が伝わりにくいので、こだわりのオーディオで音楽を聴いたり、楽器を演奏したりと、さまざまな愉しみ方が広がります。

販売価格

SOLD OUT

間取り

3LDK

タイプ

: 2階建て木造

敷地面積

: 103.93㎡

建物面積

: 74.78㎡

※ 施工上の理由及び改良のため変更する場合がございます。 物件の概要情報はコチラ

視線を気にせずに開放的な暮らしができる家

一番奥まった敷地なのに、なぜか開放感のある印象。それは、ゆったりとした玄関アプローチと一際目を引く大型ルーフバルコニーのおかげです。 奥まっているからこそ、視線を気にせずに開放的な暮らしができる。 一見、デメリットとも思える敷地条件を、最大のメリットに変えてしまったこの家。 奥行きがあり、たっぷりと陽が差し込むバルコニーは、屋上緑化でグリーンルームとして、小さなテーブルと椅子を置きアウトドアリビングとして、お子様の遊び場として、使い方は自由自在。バルコニー前にはちょっとしたスペースもあるので、日向ぼっこしながらのんびり過ごすのもいいですね。 大らかに暮らしを愉しみたい大人にぴったりの家です。

販売価格

SOLD OUT

間取り

3LDK

タイプ

: 2階建て木造

敷地面積

: 108.16㎡

建物面積

: 90.27㎡

※ 施工上の理由及び改良のため変更する場合がございます。 物件の概要情報はコチラ

ナラ材
その美しい木目から家具に用いられることが多いナラ材ですが、Marks house -Hazawa-ではリビングや廊下を中心としたフローリングや枠、建具にも使用しています。 フローリングは「すだれ張り」という木材の切れ目を揃えた張り方をすることでシンプルな空間に仕上がります。
サイザル麻の床材
柔軟性に優れ、摩耗や酸、腐食に強い天然麻です。 階段から2階廊下部分にかけて使用しています。 グリップ力があり、階段を下る際は特に安心感があります。
カーペット敷きの居室
2階の居室には全てカーペットを採用。 各部屋の入り口からクローゼットの中まで続きます。 ダストポケット効果によりハウスダストの舞い上がりを抑制します。 衝撃を吸収するので体にかかる負担が小さく、落ち着く空間として体が認識してくれる、寝室向きの素材です。
造り付けのベンチソファ
壁から壁に板を渡し、脚のない、宙に浮いたようなベンチソファは4棟全てに備えられています。 クッションカバーの色は4棟それぞれ異なりますので、ぜひお気に入りの色を見つけに現地にお越しください。
キッチン
引出しや扉など、全て1から造ります。 黒のメラミン化粧材の周囲を、こちらもまた無垢のナラ材で縁取りしています。 人工大理石を用いた天板は奥が12ミリほど立ち上がった雑巾摺りの仕上げとなっており、 壁面に汚れが付きにくいよう配慮。 キッチンに立つ人に寄り添って設計しており、まさに「使いやすさ」が体現されています。
洗面台
洗面台も都度、最も適した器具を選択しています。 使いやすく美しい洗面台は、限られたスペースのなかでも 機能性とデザインの両立を目指すMarks houseの価値観に沿ったものとなっています。
真鍮製ドアノブ
購入時はピカピカの真鍮製のドアノブもナラ材と一緒に歳を重ねます。 この独特の味のあるくすみは日々大事に使った賜物です。 また、真鍮は熱伝導率が比較的低く、握った際にひんやりしにくいのが特徴です。 バネが強く戻りの良いドアノブは、部屋を移動するたび生活に抑揚をもたらしてくれます。
スイッチ
毎日手に触れるスイッチは、「部屋に入って灯りをつける」「灯りを消して部屋を出る」という 一連になることが多い当然の動作の中で、極限までストレスを排除できるようドアノブと同じ高さで揃えています。
マリンランプ
元来、船舶用の電灯ですので、水に強く頑丈です。 無骨な見た目に反し、真鍮製の金具部分の間からはやわらかな灯りがこぼれます。
外構
周囲との調和を考えるMarks houseは各棟の配置関係まで考慮しているため建物の外にも自然とこだわりが反映されます。 今回は芝やツタを導入し、季節ごとに表情を変える外観になっています。 Marks house -Hazawa-では隣地との境界にフェンス等を設けないことで視覚的な広がりや豊かさを獲得できます。 フェンスを設けずとも各棟の住人が快適に過ごせるよう向きや配置が計算されているのです。  

Marks houseへのお問い合わせ

Marks houseの間取り図など詳細な物件情報が欲しい方はコチラからお問い合わせください お問い合わせはメールフォーム、お電話で承ります。

来店にてのお話、ライフプランのご相談などもお気軽にどうぞ。お客様の将来のお話を私たちに聞かせてください。

内覧のご予約、詳細な相談など、物件に関する質問、疑問になんでもお答えします。まずは045-277-3222へお電話を。